クラブ会報

第912回 例会 2019年7月24日(水)

更新日:2019/07/24

第912回 例会 

ビジター :おみえになりません
ゲスト :安城七夕まつり協賛会役員/佐々木定雄様、小木曽光輝様
親善大使/上原 愛様、清田りな様、田代真友香様

1.点鐘 

2.ロータリーソング斉唱 (第3週)、4つのテスト 唱和 

3.山口恭正会長挨拶 

山口恭正会長  挨拶
山口恭正会長 挨拶

皆さん、こんにちは。
本日は七夕例会ですので、あまり知られていないお話をしたいと思います。
御伽草子という昔話に出てくる話です。

あるとき長者の奥さんが川で洗濯をしていると、目の前に大蛇が現れました。
大蛇は長者宛の手紙を渡します。
「お前の3人の娘の中から1人、妻によこせ。そして池のほとりに家を建てよ。さもなくば、一族を皆殺しにするぞ」
と書いてありました。
家族は恐れおののきました。
すると、心優しく勇気のある末娘が
「家族が殺されるくらいなら、私が嫁ぎます」
と申し出ました。
長者は涙ながらに家を建て、娘をお送り出しました。
娘が池のほとりにいますと、大蛇が姿を現しました。
しかし大蛇が娘に近づくと、美しい公達に姿を変え、こう言いました。
「美しい娘よ。これからは幸せに暮らそう」
初めは怖がっていた娘も段々と慣れ、2人は愛し合い、幸せな日々を送ることになりました。
〜中略〜
ある日その公達が言います。
「私の本当の名は“天若日子(アメノワカヒコ)“と言い、天上界に住んでいる。お前も共に天上界に来るか」
そうして娘は一緒に天上界に行きました。
宮殿につくと、天若日子の父親が現れます。
父親は鬼でした。
「この女はなんだ!人間のにおいがする」
父親は言います。
天若日子は答えます。
「これは私の妻です。」
父鬼は認めず、娘に問題を出し答えるように迫ります。
様々な無理難題に娘は見事答えます。
やがて父親は根負けし
「よかろう、では1カ月に1度会うことを認めよう」
と言います。
しかしここで娘は「1年間に1度」と聞き間違えてしまいます。
意地の悪い父鬼は「ではそうしよう」と、瓜を1つ投げました。
瓜が割れ、種が星となり、天の川となって若い2人の間を隔ててしまいました。
そして天若日子は「彦星」、娘は「織姫」となり7月7日に会うことになりました。

今日はこのお話を紹介させていただきました。

4.七夕まつり実行委員会へ協賛金贈呈 

山口会長より協賛金の贈呈
山口会長より協賛金の贈呈
安城七夕まつり協賛会役員   佐々木定雄様
安城七夕まつり協賛会役員 佐々木定雄様

○安城七夕まつり協賛会役員 佐々木定雄様 挨拶

本日は皆様にお会いすることができまして、大変嬉しく思います。
本日は七夕親善大使の皆さんとお伺いさせていただきました。
今年も沢山の方が安城七夕まつりにお越しくださるよう、心からお待ちしております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

5.食事 (会長) 

6.深津茂樹幹事 報告 

深津茂樹幹事  報告
深津茂樹幹事 報告

(1)次週例会終了後、理事会を行います。
(2)他クラブの例会変更をご参照の上、メーキャップをお願い致します。

7.委員会報告 

(1)出席委員会 出席報告 (出席委員会)
会員数 64名
名誉会員 1名
出席義務者数 41名
本日の出席者数 56名
出席率 87.8%
先々回の修正出席率 85.3%

(2)ロータリーの友7月号のご紹介 (雑誌委員会)

○マーク・ダニエル・マローニーRI会長からのメッセージ
○各ガバナーのご紹介
○ロータリー100年史について
○投稿規定について
○本年度新企画「この人 訪ねて」について

(3)ニコボックス報告  (ニコボックス委員会)
14件

8.本日の例会   

齋藤光正親睦活動副委員長
齋藤光正親睦活動副委員長

『七夕例会』

司会:齋藤光正親睦活動副委員長

杉浦敏幸安城七夕まつり実行委員長
杉浦敏幸安城七夕まつり実行委員長

○安城七夕まつり実行委員長 杉山敏幸さんよりご挨拶

皆さん、こんにちは。
今日は貴重なお時間を作っていただきありがとうございます。
第66回を迎えます七夕まつりですが、アイシン・エィ・ダブリュさんの50周年ということもありまして、南面2号線を全面通行止めにして竹灯籠を設置していただくことになりました。
同じく60周年を迎える青年商工会議所さんもアンフォーレ内、願い事広場で竹灯籠、バンブーアートを設置していただきます。
また、例年行っております神社境内での竹灯籠との3ヶ所を『竹あかり回廊』として皆さん回っていただければと思っております。
非常に幻想的で素晴らしい空間ですので、是非ご覧ください。

親善大使   上原   愛様
親善大使 上原 愛様

○親善大使より自己紹介とインタビュー

上原 愛様
私は9年間のアメリカ生活で培った英語力を活かし、ここ安城市を世界へと発信して行きたいと思い活動しております。
これまでのキャンペーン活動を通して、安城七夕まつりには本当に沢山の方の願いや想いが詰まっているのだと実感しております。
今年のテーマは『ONE FOR ALL ~七夕をみんなで〜』となっております。
お祭りを作り上げる側そして、当日来場いただいたお客様ぜんいんが一緒になって素敵な思い出を作りあげていけたらと思っております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

Q、安城市で美味しいと思ったものは何ですか?
「よなき家」のラーメンと唐揚げが好きで、よく足を運んでいます。

清田りな様
清田りな様

清田りな様

私の趣味はサッカー観戦で、スタジアムに何度も足を運んできました。
サッカーは選手とサポーターが同じ気持ちになることで、とても盛り上がります。
今年のテーマのようにご来場いただく皆様と一緒に私も安城七夕まつりを盛り上げていきたいと思います。
そして、今年の見どころは『竹あかり回廊』です。
3ヶ所の竹灯籠は天の川のような幻想的な雰囲気を作りだします。
是非、昼間とは違った雰囲気をお楽しみいただけたらと思います。

Q、好きなサッカーチーム、プレーヤーは?
中学生の頃から名古屋グランパスのサポーターです。
注目している選手はゴールキーパーのミチェル・ジェームズ・ランゲラック選手です。

田代真友香様
田代真友香様

田代真友香様

私は小さい頃からボーイスカウト活動を行なっておりまして、元気に身体を動かすことが大好きです。
また、親戚の家が安城市にあることからなんども七夕まつりに足を運んでおりました。昨年訪れた際は、大きな竹飾りに感動しました。
実はこの竹飾りは今年からテーマカラーが設定されまして、今年のカラーは『青』になります。
いつもとは違う竹飾りの雰囲気を楽しんでいただければと思います。
是非お越しください。

Q、就活時企業を選ぶ際に重要視したことは?
自分が色々な事に挑戦できる環境があるか、社員が自分の仕事に誇りや情熱を持って働いているかに重きを置いて就職活動させていただきました。

○親善大使より会長へ、記念品ならびにグッズ贈呈

○七夕ねがいごと短冊作り

○七夕のねがいごと短冊披露

『三河安城RCの皆様のご無事、安泰を願います』
『クラリネットとが上手くなりた〜〜〜い』
『妻へ、いつもありがとう。僕より長生きしてね』
『健康』
『愛』
『世界平和』
『きっとうまくいく』
『80歳まで元気に生きていけますように』
『早く織姫を紹介してください』
『幸せに健康な毎日でありますように』
『私の人生、どういう展開でいくかな、健康でいたいな、大切な人と1日1日を楽しく過ごしていたいな』
『子供達、チビ達、明るく元気でね』
『穏やかな日々が訪れますように』
『まだ見ぬ妻へ、愛してるよ』
『キラキラの夢叶うように毎日耐えて頑張ろう』
『可愛い私の孫達、元気で大きくなぁれ』

9.閉会 (会場委員会) 

10.点鐘 

今後の予定 

7月31日(水)例会(第913回)
クラブフォーラム 『事業計画発表』
プログラム、会員増強、RC情報・研修、会報、雑誌、広報イメージ向上各委員会、副幹事

○2019〜2020年度 第1回定例理事会 於花屋前ラウンジ

8月7日(水)例会(第914回)
クラブフォーラム
担当:会員増強委員会
イニシエーションスピーチ

8月14日(水)例会休会
定款第8条第1節

8月21日(水)例会(第915回)
担当:安藤 毅君

8月28日(水)例会(第916回)
担当:待田和宏君

○2019〜2020年度 第2回定例理事会 例会終了後 於花屋前ラウンジ



↑このページのトップへ